2010年11月27日

聖徳太子/しょうとくたいし

時代 飛鳥時代
生誕 574年2月7日(敏達天皇3年1月1日)死没 622年4月8日(推古天皇30年2月22日)改名 上宮厩戸、厩戸皇子、厩戸皇太子、摂政太子 別名 厩戸皇子、厩戸王、上宮王、豊聡耳 上宮之厩戸豊聡耳命、法主王、豊耳聡聖 徳豊聡耳法大王、上宮太子聖徳皇 諡号 なし 墓所 叡福寺北古墳 官位 摂政、皇太子 主君 用明天皇、崇峻天皇、推古天皇 氏族 皇族、上宮王家 父母 用明天皇、穴穂部間人皇女兄弟 聖徳太子(厩戸皇子)、来目皇子、殖栗皇子 茨田皇子、田目皇子、麻呂子皇子酸香手姫皇女  静貝姫皇女、刀自古郎女、橘大郎女、膳大郎女子  山背大兄王、財王、日置王、白髪部王長谷王 三枝王、伊止志古王、麻呂古王、片岡女王 手島女王、春米女王、久波太女王、波止利女王 馬屋古女王

               歴史年表

574(敏達3)年 聖徳太子、用明天皇の皇子として生誕(厩戸皇子)
586(用明元)年 用明天皇、法隆寺と薬師仏の造立を発願
587(崇峻元)年 病に臥した用名天皇が三宝に帰依する。太子は天皇の病気平癒を祈願・孝養をつくすが、四月に崩御。馬子が物部守屋を討伐する(太子も従軍)。物部氏は滅亡
589     隋、中国を統一
593(推古元)年 厩戸皇子、難波の荒陵 四天王寺建立
595(推古3)年 太子の師、高句麗僧慧慈が渡来
601(推古9)年 聖徳太子、斑鳩宮を建立
  2(推古10)年 聖徳太子の同母弟来目皇子を撃新羅将軍に任命
  3(推古11)年 聖徳太子の異母兄当麻皇子を征新羅将軍に任命
  3(推古11)年 秦河勝、蜂岡寺(広隆寺)を造る
 3(推古11)年 聖徳太子、冠位十二階を制定
  4(推古12)年 憲法十七条を制定
  5(推古13)年 推古天皇が銅・繍丈六仏像を仏造工鞍作止利に任命
  6(推古14)年 天皇に請われ勝鬘経を講じ、法華経も岡本宮で講ず
  7(推古15)年 法隆寺創建、用明天皇のため金堂薬師如来座像造願
  7(推古15)年 隋に小野妹子を派遣する
  1(推古19)年 聖徳太子、「勝鬘経義疏」を撰す
  3(推古21)年 聖徳太子、「維摩経義疏」を撰す
  5(推古23)年 聖徳太子、「法華経義疏」を撰す
  8(推古26)年 隋の煬帝が殺され、唐が興る
  0(推古28)年「天皇記」や「国記」などを太子と馬子で撰する
22(推古30)年 橘大娘女、太子のために天寿国曼陀羅繍帳を造る
 22(推古30)年 聖徳太子、斑鳩宮で逝去
 23(推古31)年 太子のために金堂釈迦三尊像を造願
 23(推古31)年 蘇我馬子、征新羅軍を派遣
 26(推古34)年 蘇我馬子死、子蝦夷大臣になる
 28(推古36)年 推古天皇、逝去
 43(皇極2) 年 蘇我入鹿により、山背大兄一族滅亡
 45 年 蘇我氏滅ぶ
 70(天智9) 年 法隆寺炎上
708(和銅元年) 法隆寺再建

           聖徳太子とゆかりのお寺/寺院
大安寺(だいあんじ)広隆寺(こうりゅうじ)向原寺(こうげんじ)
飛鳥寺(あすかでら)法隆寺(ほうりゅうじ)額安寺(かくあんじ)
斑鳩寺(いかるがでら)鶴林寺(かくりんじ)法起寺(ほっきじ)
法輪寺(ほうりんじ)中宮寺(ちゅうぐうじ)橘寺(たちばなでら)
四天王寺(してんのうじ)
posted by 管理人 at 21:26 | TrackBack(0) | 聖徳太子 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。