2006年09月22日

大聖勝軍寺(たいせいしょうぐんじ)

大聖勝軍寺(たいせいしょうぐんじ)
聖徳太子 「下の太子」の名で親しまれている太子巡礼寺
大阪には「上の太子」「中の太子」「下の太子」と三つの太子が存在し、河内三太子と呼ばれている。叡福寺を「上の太子」野中寺を「中の太子」、大聖勝軍寺を「下の太子」と呼ぶ。

所在:大阪府八尾市太子堂3−3−16
宗派:真言宗
山号:椋樹山
本尊:聖徳太子16歳像
開基:聖徳太子
posted by 管理人 at 18:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 寺院 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

法隆寺西院伽藍(ほうりゅうじさいいんがらん)

法隆寺西院伽藍(ほうりゅうじさいいんがらん)
創建法隆寺が670年に焼亡した後、傍地に確立された再建法隆寺
所在:奈良県生駒郡斑鳩町山内1−1
宗派:聖徳宗
   正式名称(及び略称、通称)と所在地
   正式名称 聖徳宗
   住所   〒6360115 奈良県生駒郡斑鳩町法隆寺山内1-1
   電話番号 07457-5-2555
   沿革
    総本山法隆寺。聖徳太子を開祖と仰ぐ。1950年法相宗から離脱し、門跡寺院中宮寺、本山法隆寺、法起寺など聖徳太子ゆかりの寺々とともに太子の教えを根本として開いた。日本仏教の根本である大乗ー乗教をもって協義の真髄とし、聖徳太子撰述の三教義琉を所依の経典とする。1952年 宗教法人。
   
   開祖 聖徳太子   
ラベル:法隆寺
posted by 管理人 at 18:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 寺院 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

四天王寺(してんのうじ)

四天王寺(してんのうじ)
聖徳太子建立とされる7寺の一つ
聖徳太子の古い時代の伝記である「上宮聖徳法王帝説」や定平19年に法隆寺から役所に差しだされた。「法隆寺伽藍縁起井流記資材帳」によれば、聖徳太子は法隆寺・四天王寺・中宮寺・橘寺・蜂丘寺(広隆寺)・池後寺(法起寺)・葛木寺(葛木尼寺)の七つの寺を建立したとなっている。
 
所在:大阪府大阪市天王寺区四天王寺1−11−18
宗派:和宗
山号:荒陵寺
本尊:救世観音菩薩像
開祖:聖徳太子
ラベル:四天王寺
posted by 管理人 at 18:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 寺院 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月23日

橘寺(たちばなでら)

橘寺(たちばなでら)

聖徳太子建立とされる7寺の一つ。太子が居住した上宮の跡とする伝承あり。

所在:奈良県高市郡明日香村橘532
宗派:天台宗
山号:仏頭山上宮皇院
本尊:聖徳太子像
開祖:聖徳太子

聖徳太子さんが生まれた場所
ラベル:橘寺
posted by 管理人 at 23:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 寺院 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月24日

中宮寺(ちゅうぐうじ)

中宮寺

聖徳太子の母・穴穂部間人の居所を改築したという伝承を持つ寺
所在:奈良県生駒郡斑鳩町法隆寺北1−1−2
宗派:聖徳宗
山号:法興山
本尊:如意輪観世音菩薩半珈像
開祖:聖徳太子・穴穂部間人皇女

斑鳩三塔の内のひとつ。
ラベル:中宮寺
posted by 管理人 at 00:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 寺院 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

法輪寺(ほうりんじ)

法輪寺

聖徳太子の病気平復を願って山背大兄王らが建立したとの伝承を持つ寺

所在:奈良県生駒郡斑鳩町三井

宗派:聖徳宗

山号:妙見山

本尊:薬師如来坐像

開祖:山背大兄王

斑鳩三塔の内のひとつ。



Alcarna検索エンジン
ラベル:法輪寺
posted by 管理人 at 00:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 寺院 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

法起寺(ほっきじ)

法起寺(ほっきじ)
聖徳太子の遺言で岡本宮を改築したという伝承をもつ寺

所在:奈良県生駒郡斑鳩町岡本1873

宗派:聖徳宗

本尊:十一面観音菩薩立像

開基:山背大兄王

斑鳩三塔の内のひとつ。
ラベル:法起寺
posted by 管理人 at 00:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 寺院 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月25日

鶴林寺(かくりんじ)

鶴林寺

播磨の法隆寺として多くの重要文化財がある寺
所在:兵庫県加古川市加古川町北在家424
宗派:天台宗
山号:刀田山
本尊:薬師三尊像
開基:聖徳太子
ラベル:鶴林寺
posted by 管理人 at 14:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 寺院 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

斑鳩寺(いかるがでら)

斑鳩寺(いかるがでら)

法隆寺の別院として播磨の国に建てられた寺
所在:兵庫県太子町
宗派:天台宗
本尊:釈迦如来 薬師如来、観音菩薩三尊像
開基:聖徳太子

 斑鳩の地名は、この地に多く飛来した鵤(いかる)という鳥に由来するという。鵤は斑鳩(まだらばと)ともよばれ、鳩より小さく、体が明るい灰色で頭と翼、尾羽が黒い。翼を広げると白紋が見えるところからそうよばれたらしい
ラベル:斑鳩寺
posted by 管理人 at 14:59| Comment(5) | TrackBack(0) | 寺院 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

額安寺(かくあんじ)

額安寺(かくあんじ)

聖徳太子が学問修行の道場として建てた熊凝精舎の後身
所在:奈良県大和郡山市額田部寺町36
宗派:真言律宗
山号:熊凝山
本尊:十一面観音菩薩立像
開基:聖徳太子・推古天皇
ラベル:額安寺
posted by 管理人 at 15:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 寺院 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

法隆寺(ほうりゅうじ)

聖徳太子 斑鳩町法隆寺(近鉄筒井駅からバス10分法隆寺前下車)
世界最古の木造建築・法隆寺。推古15年(607)、推古天皇と聖徳太子が先帝・用明天皇の遺願を継いで創建したものと伝えられています。
 約14.5万平方メートルの広大な寺域に建ち並ぶ伽藍は現在50余棟、東西両院に分かれています。西院が通常・法隆寺と呼ばれる地域で、金堂や五重塔、大講堂などがこの地域の中に含まれています。東院は、聖徳太子の斑鳩宮があった所で、太子の子・山背大兄(やましろのおおえ)王はじめ一族が滅亡し・宮も焼失・荒廃していたのを天平11年(739)、行信僧都の発願で造営されたものです。夢殿があるのはこの東院側です。
 西院・東院の数多い建物の中に収められている仏教美術品はおびただしく、飛鳥時代の仏像など、国宝だけでも135点、重要文化財を含めると1870点にも及ぶといわれます。
 では、なぜ五重塔は約1300年もの長い年月、地震に耐えてこれたのでしょうか?

その理由とは、「積み上げ構造」という建築方法であるとされています。つまり五重塔を建てる場合、各重ごとに軸部や軒を組み上げ、それらを鉛筆のキャップを重ねるように順々に積み上げてあるのです。それぞれの部材は主に木材同士の特殊な切り組み方法によって接合されていて、堅固に結合していないため「柔構造」になります。「柔構造」の塔は、コンクリート造りの一体化した「剛構造」と違って、地震が起きても各重が互い違いに振動して「揺れ」を吸収します。また多くの塔の内部に立っている「心柱」は、こうした振動を減衰させる「かんぬき」のような働きをするといわれています。さらに各重の柱が長さの割に太いことや、組物がしっかり組まれ水平に変形しないことも地震に強い要因とされています。

五重塔に見られるような、建物の揺れの効用を認め、その揺れによって地震力を吸収させる「柔構造」の理論は、近年、日本はもちろん世界の超高層建築に採用されています。伝統的な木造建築の知恵が最先端の建築技術に生かされているのです。


検索エンジンGOODSEARCH

AD-J Navi
ラベル:法隆寺
posted by 管理人 at 15:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 寺院 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月29日

飛鳥寺(あすかでら)

飛鳥寺(あすかでら)

蘇我馬子が真神原に建立した日本国最初の本格寺院

所在:奈良県高市郡明日香村飛鳥682

宗派:真言宗

山号:鳥形山

本尊:釈迦如来坐像

開祖:蘇我馬子

ラベル:飛鳥寺
posted by 管理人 at 17:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 寺院 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

向原寺(こうげんじ)

向原寺(こうげんじ)

推古天皇の豊浦宮を改築した豊浦寺の後身

所在:奈良県高市郡明日香村豊浦

宗派:浄土真宗

山号:太子山

本尊:阿弥陀如来像

開祖:蘇我稲目
posted by 管理人 at 18:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 寺院 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広隆寺(こうりゅうじ)

広隆寺(こうりゅうじ)

聖徳太子のスポンサーだった秦河勝が建立した寺

所在:京都府京都市左京区太秦身蜂岡町32

宗派:真言宗

山号:蜂岡山

京都最古の寺院である。国宝の弥勒菩薩半跏像を蔵することで知られ
聖徳太子建立七大寺の一つ。
posted by 管理人 at 18:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 寺院 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

大安寺(だいあんじ)

大安寺(だいあんじ)

平城遷都で大官大寺を移築した寺

所在:奈良県奈良市大安寺町2−18−1

宗派:真言宗

本尊:十一面観音菩薩像

開祖:聖徳太子/推古天皇

大安寺は俗にガン封じの寺として名高く、1月23日の「ガン封じ笹酒まつり」には全国から、大勢の参拝客が訪れる。

開扉は10月1日〜11月30日
      馬頭観音 開扉は3月1日〜3月31日
ラベル:大安寺
posted by 管理人 at 18:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 寺院 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。